ほうれい線消す−アロマオイルを使ったアンチエイジング

アロマオイルはストレス解消やリラックスのために活用している人が多いと思いますが、肌のハリを保つためにも活用をすることができます。 特にアロマオイルを使ったスキンケアが向いているのは、肌の乾燥に悩んでいる人です。

肌が乾燥すると、様々な肌トラブルに繋がってしまいますよね。 冬場の時季は空気が乾燥しているということもあり、肌の水分が失われてしまうこともあります。

アロマオイルは分子がとても小さいという特徴があるのですが、それだけでなく香りが良いというのも特徴です。 肌の奥に成分が届くことに加え、香りによるリラックス効果も得られるので、ストレスが溜まっている人にもおすすめの方法だと言えるでしょう。

具体的にどのような方法でアロマオイルを取り入れればいいのかというと、まず、希釈用のオイルを用意することから始めましょう。
http://www.xn--n8jd2d8d9bxfwb8945c2edh45fx08ae9c.com/index_18/

おすすめなのは、マカデミアナッツオイルを使った方法です。

マカデミアナッツオイル30mlに対してアロマオイルを1〜2滴入れ、よくかき混ぜたうえで乾燥が気になるところに塗りましょう。

アロマオイルといっても様々な種類があるのですが、乾燥が気になる肌に塗るものとしておすすめなのがサンダルウッドやフランキンセンス、ローズ、イランイランなどです。

苦手な香りのアロマオイルを活用したとしてもリラックス効果が得られないので、まずは自分が好きな香りのアロマオイルを探すことから始めてみてはどうでしょうか。

オイリー肌だからアロマオイルを使った方法には抵抗があるという人もいるかもしれません。 そういった場合には、皮脂を整える働きがあるイランイランなどのアロマオイルを選択するといいですね。

ただ、それでもオイルである以上ベタつきが気になってしまうかもしれません。 アロマオイルを使った方法はベタついて嫌だという場合は、精製水を100ml加えてさらに薄めたものを使うといいですね。

高い保湿効果が期待できるので、肌を乾燥から守り、アンチエイジング効果が期待できます。

一番重要な鼻の毛穴のケア

人間の肌の毛穴の中で、どこがいちばん汚れやすく、老化しやすい場所だと思いますか?。答えは鼻の毛穴なのです。実感としてわかる方も多いと思いますが、人間の鼻、特に鼻の頭の毛穴は非常に汚れやすいところなのです。

脂分が非常に多く、何もしなくても、そこを触ると脂がついてしまうということからも理解できると思います。脂取り紙を使えばベットリ脂が付きますよね。鼻の頭は、人間の体の中でも、特に脂の分泌腺が多く存在し、汚れたり老化したりしやすい場所なのです。

鼻の毛穴に脂が溜まると、それがその部分の新陳代謝を妨害します。シミになりやすくなってしまうのです。角質や角栓として硬くなりやすく、そうなってしまうと黒ずみはもとより、ニキビや肌荒れの原因にもなります。

何より、過剰な脂分は、雑菌の格好の養分となり、繁殖を促してしまいます。一度、ニキビや黒ずみ、シミなどの形でできものができてしまうと、無理やり除去しようと思っても、それがなかなか難しくなります。

無理やり肌をこすると、傷ついてしまいますし、跡が残ってしまう場合もあります。当然、肌の状態は若々しいままではいられず、老化が進行してしまいます。特に鼻はどうやっても目立ちますので、大きな跡や傷が残ってしまうようなことになると大事です。

脂分という養分が非常に多い場所のため、角栓ができやすく、状態が進行すると自分だけでのケアが難しくなってしまいます。そうなると、美容外科や皮膚科など病院に行って施術を受けなければならず、もうここまで来ると、美肌の領域ではなく、肌の病気の治療になってしまいます。

こうならないためには、日常生活で常に鼻をきれいにする習慣をつける必要があります。幸い、洗顔料の類は豊富ですし、ちょっとした時間でも鼻はきれいに洗うことができます。首から下の部分よりも清潔に保つことは比較的容易なのです。

アンチエイジングがよくわかる場所が鼻でもありますので、特に毛穴をきれいにすることで、見た目の印象が大きく変わってきます。是非とも、鼻の毛穴のケアから若々しい肌を維持するきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。

毛穴ケアの具体的な方法

肌をいつまでも若々しく保つための方法、つまり、アンチエイジングを行うためにはさまざまなやり方があります。

ミネラルやビタミンを多く摂取して体の内側からきれいになるようにすることや、適度な運動を行って体の新陳代謝を促すこと、睡眠を十分にとって体調を整えることなど、日常生活の送り方で大きく肌に影響を与えることができます。そして、もっとも、直接的かつ即効的な方法が、肌の毛穴をきれいに保つことなのです。

肌にある毛穴はそれだけで近づくと黒く見えます。そこからは皮脂が分泌され、溜まっていきます。溜まったものは化合し、角栓などの固いできものになります。角栓は空気中の酸素と化合し、酸化反応を起こします。

理科の実験でご存じのとおり、酸化すると炭素が生成され、炭素の色=黒、が肌に残ります。これがシミや黒ずみといったものですが、肌が老化している中では、細胞の新陳代謝が起こりづらく、症状は悪化してしまいます。

それを除去するためには、ピーリング化粧品や酵素洗顔料といった特別な洗剤を使うことが有益です。ピーリング化粧品は、物理的に汚れを除去するような成分を含むもので、直接肌を削るので、使いすぎには注意が必要です。

研磨剤などをイメージするとよいかもしれません。もう一方の酵素洗顔料は、タンパク質分解酵素の働きによって、科学的に硬くなってしまった角質などの汚れを分解して肌をきれいにします。やはり使い過ぎは肌を傷つけてしまうので注意してください。

毛穴をきれいにするための上記の化粧品を使用する場合、冷水でも熱湯でもなく、ぬるま湯を使います。

これは冷水だと、肌が固まってしまったり、よく化粧品の成分が溶け込まないため効果が期待できないということ、また熱湯だと熱によって肌そのものがダメージを受けてしまうことによります。

ぬるま湯で、あまりこすりつけずに、自分の手と指を基本にして肌にやさしくマッサージしていきます。頻度は、1日数回、肌が弱い人は無理をせず週に2〜3回でも構いません。

継続的に続けることが大事なのです。やりすぎは、肌を守るために必要な皮脂も落としてしまい、逆に老化を促進させてしまいます。アンチエイジングを考えた場合、やりすぎにも注意が必要ということを肝に銘じてください。

ページの先頭へ